まつげに負担がかからないマスカラの落とし方は?

メイクは目ヂカラは大事だからばっちりアイメイク!
マスカラも目元の印象アップのためにしっかり崩れないように!だけど、そのアイメイクしっかり落とせていますか?
落ちないようにメイクした分、落とす時もなかなか落としにくくて大変!
メイクの落とし残しはもちろんまつげにダメージ大だからNG!
ですが、落とし方にも気を付けないとダメージを与えてしまいます!きちんとしっかり落としきりましょうね。
メイクに手間と時間をかけた分、落とす時も同じように丁寧に落としてあげましょう!

まつげにダメージを与えるNGメイク落としの仕方

・オイルタイプで顔全体を一気に落とす
・メイクが落ちにくいからゴシゴシこする
・面倒くさいからふきとりシートだけで落とす

 

こんな落とし方をしているとまつげはどんどんダメージを受けて、細くなってしまったり、短くなったり、抜け毛切れ毛の原因になってしまいますよ!
また、肌への負担も大きくなってしまします。特に目元部分は、皮膚が薄いため強く擦ると乾燥やシワや原因に。
落とし残しは肌荒れや色素沈着の原因になってしまいます。
正しい落とし方でまつげや肌への負担を減らしてあげましょう。

まつげに負担がかからないようにしよう!マスカラの落とし方

目元専用のメイク落としを使う

ゴシゴシ擦るのはまつげを傷める原因になります。
力を入れずに、目元専用メイク落としリムーバーをコットンにつけて落とすか、目元専用のメイク落としシートを使ってやさしくふき取るようにしましょう。
シートタイプの目元専用クレンジングは、私も使っていて使いやすくおすすめです!
メイク落としシートやリムーバーをコットンを10秒ほど目元に置いてなじませてから、上から下にふき、目頭から目元に拭きます。
マスカラはシートやコットンをそっとまつげを挟んで毛先に向けて滑らせるように落としていきます。

落としきれない部分はめんぼうを使って落とす

シートやコットンだけでは落としきれない所は、リムーバーを含ませた綿棒を使います。
乾いたコットンを下まぶたの際に沿わせてあて、目をつぶって綿棒を毛先に向かって撫でるように1本ずつ落としていきます。
下まつ毛にマスカラ塗っている時は、目を開けた状態で同じ手順で落としましょう。

 

普段のメイクで、マスカラをするのもメイク落としをするのも少なからずまつげに負担をかけています。
健康で丈夫なまつげにするためにはまつげダメージケアも心がげて!
メイク落としとメイク前にはまつげ美容液を使ってしてあげましょう!

関連ページ

まつげの生え変わり?育毛周期はどれぐらい?
美容番長が選ぶまつげ美容液おすすめランキング!まつげが短い、まつげが抜ける、アイメイクがパッとしない…そんなあなたに美容番長が実際に使用したレビュー、使用者の口コミをご紹介!
まつエク、まつげパーマはまつげにどれくらい負担が掛かっているの?
美容番長が選ぶまつげ美容液おすすめランキング!まつげが短い、まつげが抜ける、アイメイクがパッとしない…そんなあなたに美容番長が実際に使用したレビュー、使用者の口コミをご紹介!
逆さまつげとは?対処法はあるの?
美容番長が選ぶまつげ美容液おすすめランキング!まつげが短い、まつげが抜ける、アイメイクがパッとしない…そんなあなたに美容番長が実際に使用したレビュー、使用者の口コミをご紹介!
まつげ貧毛症の原因と治療方法
美容番長が選ぶまつげ美容液おすすめランキング!まつげが短い、まつげが抜ける、アイメイクがパッとしない…そんなあなたに美容番長が実際に使用したレビュー、使用者の口コミをご紹介!